食べる物、食べるという行為を暮らしの中で考えるきっかけをつくりたい。」


それは場所を開いて割とすぐに考え始めた事なんですが、余韻と咀嚼が街に少し馴染んだかな?と思えたタイミングでスタートしようと決めて今に至ります。


・余韻で過ごす時間と散髪(カット)をお客様に提供する

・お客様にはカット代を農作物でお支払い頂く

・頂いた品は咀嚼にてお惣菜の材料として使わせて頂き、お惣菜をご購入頂くお客様へは材料の説明と生産者様のご紹介を。


この循環、等価交換のような流れに廻(かい)と名前を付けました。

これをきっかけに、農業についてのお話しを聴く会や、食にまつわるお仕事をされている方へのインタビュー、イベント等も企画していきたいと思っています。


廻の対象となるお客様は

・農家の方

・食を通したお仕事をされている方(例えば料理家の方や食を伝えるお仕事をされている方)

となります。


●ご予約の流れ●

余韻宛のメール、もしくは余韻のLINEアカウントへ通常通りご連絡下さい。

その際に廻(かい)希望と添えて頂き、初回ご予約時は自己紹介的なものも宜しくお願い致します。

日程は余韻の予約スケジュールが空いている日であればいつでも大丈夫です。

ご予約のやりとりの際に、今収穫できる品、余韻にお持ち頂ける品を先にお伺いさせて頂きます。(頂いた品を咀嚼で使わせて頂きたい為)

メニュー対象はカットのみとなりますので、お支払いの際にカット代分の農作物を頂戴致します。

※カットカラーやカットパーマの場合、カラーやパーマ分だけは別でお支払いをお願い致します。

頂いた品物は咀嚼の二人へ渡し、お惣菜の材料として使わせて頂きます。

その後お惣菜をご購入頂くお客様へ、使用した材料の説明と生産者様のご紹介をさせて頂きます。※余韻でもアナウンスさせて頂きます。



まずは月に5件、やってみたいと考えています。

申し込みが増えたら枠を増やすかもしれませんし、やり方も少しずつ変えていくかもしれません。楽しく、ありがたく食を学びたいです。

何卒宜しくお願い致します。


ロゴデザイン 辻 茉莉花(FICTION)