新聞、のようなもの。



こんばんは、余韻のノダ タツヤです。


1日通してちょっと寒かったですね。急な温度変化で体調崩さぬようご自愛くださいませ。



さて。

ブログやインスタグラムと別に、もう少しアナログで、もう少し距離が近くて、余韻らしさの出るツールを模索していまして。


なんとかまとまりつつあるのでそちらも始めていこうと思います。











『仄かjournal』です。



簡単に言えば新聞、のようなものです。ZINEとは違いますね、ボリュームは薄いです。

お店の近況報告やノダのコラム、イベントの告知なんかをもっとダイレクトにしたかったので、手渡しのできる紙媒体にしています。


なんでも画面上でチェックできる時代なので、あえて紙の質感や匂いを感じてもらえるように。


部数限定で毎月発行しますので、これも楽しみの一つにして頂けたら嬉しいです。


月頭から作成に入って月末に発行となりますので、創刊号は4月末発行となります。ご来店頂いた方に直接お渡しさせて頂きます、もちろんFREEですのでご安心くださいませ。



これも少しずつ少しずつ、大切に育てていきたいなと思います。


ある程度まとまったら仄かjournalのイベントなんかもいいですね。その時は本にしてみたいです。




気づけば片付けそっちのけでパソコンに向かってました。


外も真っ暗


換気扇とピアノはやっぱりよく合います




それではまた明日お会いしましょう。お休みなさい、良い夜を。





余韻

緩やかな時の流れ、心地の良いヘアデザインをお届け致します。

0コメント

  • 1000 / 1000