雨降りそうですね。



こんばんは、余韻のノダ タツヤです。

本日も終日満席にて終える事が出来ました、沢山のご来店本当にありがとうございました。



●8/24までの空き状況●


・8/15(日)17:00〜一名様(カットカラー、カットパーマ、カラーリングのみ、のいずれか)


・8/19(木)17:00〜一名様(カットカラー、カットパーマ、カラーリングのみ、のいずれか)


・8/20(金)ゆっくり空いてます。


上記ご案内可能です。ご予定合えば宜しくお願い致します。

※25日以降も割と埋まってきていますので、ご予定の方は早めにお問い合わせ下さいませ。



予約状況はウェブカレンダーにてご確認頂けるようにしておりますが、分からない点やご相談等ありましたら気軽にご連絡下さい。メールアドレスと専用のLINEアカウントをホームページ内にのせていますのでご利用下さいませ。

尚営業中は電話に出る事が(ほぼ)ありません。余韻で過ごすお客様を最優先したいと考えておりますので、何卒ご理解頂きますよう宜しくお願い致します。












●催し物のお知らせ●

髙丘明里/valo



髙丘明里とvalo。やきものとコラージュ。

土とデータ。自分と自分。

valoと呼ばれる。ああ自分はvaloになったんだと自覚する。

自分で名付けてから、かれこれ3年の付き合いになる。

Google翻訳で「あかり」と検索して、

フィンランド 語にあたるのがvaloだった。最近では光と訳される。

AIが賢くなったのか、私が愚直すぎたのか。

髙丘明里様へと手紙が届く。ああ自分は髙丘明里なのだと自覚する。

父のもつ「髙丘」 という姓、母方の祖父がFAXで送ってきたらしい「明里」という名。生まれてくる前に 「明るい子だね」と産婦人科の先生が言ったらしい。

こう考えると〝らしい〞ということしか知らない。

今自分がどちらの立場でこの文章を書いているのか不明瞭だ。

どちらでもあり、どちらでもないのかもしれないが、

ふと自分の中の 人がはるかに長い、長い手を 繋いでいるようなイメージをした。

_

この度、余韻さんにて、はじめての個展をします。

髙丘明里/valoです。

髙丘明里として作ったやきものを、

valoとして作ったデジタルコラージュを

展示します。

個展、展示、発表、晴れ舞台、大舞台、舞台という連想をし、「個」というものを強く意識してしまいます。ドキドキです。

しかし、

「やきものやコラージュを見てくれ〜」って自分の中ではちょっと違って、(もちろん恥ずかしくないものにします。)

言葉の代わりに作品があるんだというような感じがします。

自分の作品はそうでありたいです。

今、2人いるみたいで1人の自分をそのまま表した

「髙丘明里/valo」の「/」について考えています。

ここの名前を一緒に考えたりする、そんな機会にしたいです。

気軽に。対話できると幸いです。嬉しいです。

どうぞ、何卒、よろしくお願いします。


キャプション 髙丘明里/valo 

デザイン.展示協力 東成実 


_

髙丘明里/valo

会期 08/04-08/31 10:00-19:00 ※月火定休(予定)

会場 余韻




それじゃあ今日はこの辺で失礼致します。

また明日お会いしましょう、良い夜をお過ごし下さいませ。





0コメント

  • 1000 / 1000