去年の今日。



こんばんは、余韻のノダ タツヤです。


本日も終日満席にて終える事が出来ました。沢山のご来店本当にありがとうございました。

尚今週のお席は全て埋まっておりますので、次のご予約受付は23日以降となります。

来週の空きも残り僅かです。ご予定のお客様は少しだけ早めのご予約を宜しくお願い致します。




さて。去年の今日は宮内 優里さんに余韻のBGMを公開制作して頂いた日。それから咀嚼がスタートした日でもあります。










あの日の感動と興奮は一年経っても全く変わらないままで、あの日録った音、あの日聴いた音、あの日見た景色はついにCDとなり、日本各地で沢山の人に聴いてもらえている事が更に胸を熱くしています。

サロンワーク時だけでなく、イベント時、ラジオのBGM、散歩中。色んな場面でお世話になっているこの音楽は本当に不思議で、いつどこで聴いても目に映る風景にすっと馴染んできます。

手元に届いた方はお分かりかと思いますが、中に僕からの手紙というかキャプションのような物を同封させて頂きました。


ぴたっと寄り添うのとは少し違って、近付くといつもそこに在る。


文章の中でそう僕は書いています。

沢山の方にこの気持ちが伝わると嬉しいなと思っています。

色んな場所で、色んな時間で、見ている景色や気持ちがふわっと繋がると嬉しいです。


BGMは店頭であれば試聴も出来ますし、通販もDMやメールにて対応させて頂いておりますが、枚数に限りがありますのでご希望のお客様は早めにお問い合わせ頂けたらと思います。









それからお隣咀嚼。あっという間の一年でしたけど、そんな事は咀嚼の二人が一番感じている事だと思います。


『一周年の事はそんなに仰々しくなくて良いし、イベントも特になくて良いです。いつも通りやりたいです。』と二人は言いました。咀嚼らしいなと思いました。


食べる事は圧倒的に暮らしと密接していて、咀嚼はそれをずっと大切にしていくだろうなと思います。




僕にできる事は本当に何もなくて、ただただ楽しくやって下さいという感じです。


身内ですけどおめでとうございます。今度3人で食事にでも行こうと思います。





それでは今日はこの辺で失礼致します。


また明日お会いしましょう、良い夜をお過ごし下さいませ。









0コメント

  • 1000 / 1000